仲良きことは良きことかな。

転勤族夫婦〈現在1か所目:人生4か所目〉主婦のふるの”ゆる”記録

【30&20代夫婦】転勤族主婦が『老後の生活資金』を試算してみた。

 

f:id:nonofululu:20200706171912p:plain

『老後のお金』について一時期すごく話題になっていましたが、私も気になった一人でして。

20代の私たちが年金を貰い始める頃は、とんでもなく少ないっと報道されていたことを覚えています。(当時周りには「払う意味あるのかしら」っと疑問を持つ人も…)

 

 

 

あさイチで放送されていた『老後のお金を蓄えよう!』

7/1、水曜日。

2020年を折り返した日に『老後のお金』なんて単語を見つけて、転勤してきてからより貯金熱が高まっている私は録画しながら、リアルタイム視聴しました。録画したものは後で旦那にも見せようと思います。

今回はその中でも、老後の資金を把握する部分を取り上げて、書いていきたいと思います。

 

老後の資金は一人一人、多種多様。っというお話から始まり、漠然と貯蓄と言ってもいくら必要なのか、全体像をつかむことから始めようっということで、番組では40代後半の女性の方を例に挙げて、試算が行われていました。

30代と20代の夫婦で試算するといくらになるのか、興味があったので計算してみました。

 

《のふる家》

 旦 那:会社員(定年は60歳)

 のふる:専業主婦(今後働くかは不明)

 

 

 

 

計算する前の確認事項

試算表に数字を当てはめる前に、いろいろと調べることや考えることがありますので、1つずつ確認しながら進めます。

老後の生活を夫婦で送る場合は、夫婦で合算して計算すれば良いようです。

 

 

①現役年数

まずは「自分はいったい何歳で引退するのか」を決めるところから。

あくまでも想定ということなので、ぼんやりした数字のように感じますが、一家の大黒柱である旦那に質問しました。ちょっと悩んでいましたね。

 

 現役年数) = 65歳(引退する年齢) - (現在の年齢)

 

 

 

 

②老後年数

年齢ごとに余命は異なりますが、そこから引退する年齢を引いて出します。

これも、平均余命という『おおよそ』っという予測をもとにしているので、ふわっとしているように感じますが。この時、夫婦での計算は年齢が若い方を基準とするそうです。なので、今回はわたし。

番組のHPには「40歳以上は95歳、40歳以下は100歳を目安」っと記載がありましたが、自分が100歳まで生きられるのだろうか?っと不思議に思い、私は厚生労働省のデータ(H30 女性)https://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/life/life18/dl/life18-07.pdf も見てみました。

(男性はこちらhttps://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/life/life18/dl/life18-06.pdf

 

私の年齢だと、『87歳』となっています。…13歳もズレが出てしまうんだけれど。

少なく見積もるよりも、必要な金額は大きく見積もった方が良いと思いますので、100歳の方で計算します。

 

 (老後年数)35年 = 100歳 ー 65歳(引退する年齢)

 

 

 

 

 

③見込み年収

現役の間の平均手取り年収(控除後)ということなのですが、まだ我が家の旦那は30代で、43~45歳が生涯年収額の平均ですが、年齢に到達していませんので、こちらもあくまで想定です。

10年以内にはその年齢を迎えるので「今の年収ぐらいで良いんじゃない?」っと旦那。

 

 

 

 

④これから必要になる大きな支出

住宅、子どもの学費等がここに当てはまるようです。

番組内ではお子さんの結婚式費用や旅行費用を想定されていました。

 

【住宅費用】3000万円

転勤族の我が家は、「家、買うだろうか?」と旦那と2人で首をかしげました。

長男の旦那。お姉さんの旦那さんも長男で、恐らく旦那の実家は旦那が継ぐことになりそう。継ぐとしたら、建て直しをするか、リフォームするか、メンテナンスが必要なので、その分のお金の準備が必要。

 

【子どもの学費】子 × 1,000万円

おおよそ1人あたり1,000万と言われていますが、現在我が家は子なし。

今後どうなるかわかりませんが、必要になるかも?っということで計算に入れました。

 

【旅行費用】200万円

65歳に引退~75歳までの10年間、ここが一番時間と体力のバランスが良いタイミングなので、何をしたいかっということを旦那と相談した結果、『旅行に行きたい』っということでまとまりました。年に1度、1週間ほど旅行に行くとして、20万円見積もっていれば、国内旅行は行けそう。

 10年間 × 20万円 = 200万円

 

 

 

 

⑤今後増えるお金

受け取る予定の保険金、退職金、遺産、投資などの金融資産(時価)。

これは分かりやすいですが、退職金や遺産など『???』の項目が。

親の遺産は全くあてにしていないので、旦那の予想による退職金を設定。(ここもぼやってとしている)

というか、旦那よ、正確な金額くらい知っていて…(笑)

 

 

 

 

⑥総資産

現在の預貯金を確認して、④と⑤を当てはめて計算。

 

 (総資産) = (預貯金額) - ④ + ⑤  

 

 

 

 

 

⑦手取り年金額

いまの想定額がはたしてもらえるのか、誰も予想できない未来…っと言っていても、もらえる金額が増えるわけもないので、仕方なく今の段階での金額を確認します。

ねんきんネットで確認すれば、自分の金額を知ることができるんですが、私はとりあえず転勤している間は専業主婦の可能性が高いので、国民年金の金額だけ。

 

旦那の年金額は、今月が誕生日なので、誕生月に送られてくる「ねんきん定期便」を参考にします。

 

 (手取り年金額) = (夫婦の年金額) ー (税金・社保料控除額)

 

実際の控除額は住む自治体によって変わってくるので、計算するには0.8~0.9を掛けると、おおよそ控除後の年金額になるようです。税金・社会保険料控除の分を差し引くためには、下のように計算すると良いそうです。

 

 (手取り年金額) = (夫婦の年金額) × 0.8~0.9 

 

 

 

 

公式を使って計算。

必要貯蓄率を計算する公式がこちら。

数字を振ってお届けしたので、こちらの表に金額を当てはめるだけです。

 

f:id:nonofululu:20200706170348p:plain

    (今こそ!“老後のお金”を蓄えよう|NHKあさイチより参照)

 

表に出てくる老後生活費率は、老後の生活で必要となる生活費が『今の生活費と同じ場合』=を入れて、『今よりも生活水準をあげたい場合』は1.2や1.5、「2倍だ!」という方はを入れる必要があります。

 

数値を入れてみるとこんな感じです。

 

 

f:id:nonofululu:20200706173419p:plain

※旦那の名誉のため③と⑦の金額を伏せさせていただいてます。すみません!

計算の際は万の桁を無視して計算してください。わかりやすくするため、表には記載しています。

 

 

【例】上の式に年収と年金額を当てはめた場合の必要貯蓄率

 

   年収 400万円 → 400

   年金 200万円 → 200  のみを計算に使用。

 

   {1.2 × 400 - 200 -(-72)} ÷ {(0.75 + 1.2 )× 400 }= 0.451...

 

 

 

 

 

必要貯蓄率から貯蓄額を算出(年間と月あたり)

必要貯蓄率は、年収における貯蓄率なので、【例】の結果だと年収の45%ということになりますね。

 

【例】貯蓄率から年間貯蓄額を計算

 

   年収  400万円

   貯蓄率 0.451...

   

   400万円 × 0.451180.4万円(15万円/月)

 

 

例で適当に金額を決めたら、月に15万円の貯金という、とんでもない金額が出ましたね。

ちなみに我が家は、13万円/月(年間貯金額は約230万円)でした(ボーナス分除く)。100歳で計算するように、っということだったのですが、90歳のパターンも計算してみましたので、こちら。

《我が家のパターン》

  老後年数35年(余命100歳)  13万円

  老後年数25年(余命90歳)   12万円

 

 

 

 

貯蓄額を見て、考えたこと

みなさま、どうでしょうか。

 

100歳の場合と、90歳の場合と、年数では10年も違うのに、月の貯蓄金額は1万円ほどしか変わらないのです。何年も貯蓄をすると大きな開きになるんだな、っと実感しました。日々の貯金も、1円でも多く貯めることで、塵も積もれば…っということになりますよね。

 

 

ただ、月の支出に注目して考えると、さらに1万円の捻出をしようと思うと、なかなか大きな金額ではないでしょうか。我が家は元々している年間の貯金額よりも、算出した貯蓄額が上回っているので、『さてさて。これからどうするかな』っといった感じ。

逆に、『おお、こんなもんか』っという方もいらっしゃるかもしれないですね。

 

今回おおよその金額を計算してみて、金額が出た時はあまりの額に驚きましたが、目標となる金額が(おおよそですが)見えてきたので、落ち着いて眺めていると、だんだんと貯蓄意欲が出てきました。

 

途中にも記載していた通り、人生、まだまだ決まっていないことも多く、いろんな予定が『ぼんやり』しているので、想定している金額もどうしても『ぼや~』っとしがちの印象。仕方ないですよね。

 

何に重きを置くかは人それぞれなので、この計算で出た数字を参考に、これからの自分のために工夫していきたいと思います。

 

みなさんも、ぜひ計算してみてくださいね。おもしろいですよ。

 

 

 

 

 

NHKのHPを見たい方はこちらから ↓

今こそ!“老後のお金”を蓄えよう|NHKあさイチ

 

 

 

 

【転勤】になって③思い、悩み、転勤妻であり主婦であり。

 

「今年は転勤になると思う。」

旦那が2019年になってすぐに私に教えてくれたことでした。

どきどきしながら、旦那の転勤辞令が出るのを待っていました。

 

2019年、夏。

ついに転勤辞令が出て、引越し。

専業主婦になりました。

 

 

転勤が決まり引っ越す前

引っ越し前、実はあんまり不安に気づいていませんでした。

私も当時は仕事をしていたので、普通に生活をしながらの片づけ。

決まって1カ月での引越し。

 

 ・転勤先が一度住んだことのある首都圏(東京は住んだこと無い)

 ・引越しは何度も経験している

 

恐らくこんなことが理由です。

東京自体に住んだことはなくても遊びに行っていましたし、全然知識がないというわけでもなかったので。

「引越しするから片付けて物を減らさないと…」

そんな風に思っていました。

 

 

 

引っ越し。ついに専業主婦。

 引越す前は仕事を探すことも考えていましたが、実際に引越してみると旦那の仕事が引越し前とは比べ物にならないくらい忙しく…

旦那の仕事状況を見て、専業主婦として旦那をフォローすることにしました。

 

日中一人の時間が増えて、考える時間が取れるようになりました。

家のことも自分のことも。

生活に追われているとなかなかそんな時間も取れなかったですが、いい機会なので生活を見直してよくしていこうと決意。

こうなると余計なことを考えたり…もします。

 

「働かなくていいだろうか」

「子供のことを考えた方が良いかな」

「家計の管理もしないと」

「家の中も整えないと」

 

考えすぎた結果、パンクしました

 

なんでも『やりすぎ』は良くない…

自分の気持ちや感じていることを自分が分からなくなってしまい、

「こうした方が良いんじゃないか」

「今の状態はダメなんじゃないか」

「ただ家に居るだけでいいんだろうか」っと。

だいぶ自分を追い詰めてしまいました。

 

 

ある時、ふっと、

誰もそれを責める人はいない、っと気づいたんですよね。

 

もし責める人がいたとして、

「関係ないでしょう」

っと今なら思うわけで。

 

それに気づいたら気持ちが楽になりました。

 

旦那は『自分の仕事で引っ越したけど、好きなことをしたらいいんだよ』

っと不安定になっていた私に声をかけてくれました。

 

『家に帰ってきて、美味しいごはんがあれば十分だよ。』

 

旦那も異動により、仕事内容も環境も変わってそんな中で懸命に仕事をしています。

きっと旦那だって頑張っている。

私のできることをできる範囲でしていこうと思いなおすことが出来ました。

『主婦としてできることとはなんだろう?』っと。

 

 

 

責めるとしたら自分自身。かも

自分を追い詰めたのは、自分でした。

『何かしてるの?』

 

自分に問いかけ続けている時には気づけなかったことですが、

自分が自分を責め続けても、悲しいと思いませんか?

少なくとも、近くにいる旦那は認めてくれているのに。

 

「自分を認めてあげよう」なんて言葉をよく聞きますが、

私の中では「自分ってこんなやつよ。知ってるでしょ?」っという感じ。

 

これって諦めというんでしょうか…?

どうでもいいとかそういうことではないんですけど。

 

でも流石に1番付き合いの長い自分ですからね。

多少はわかってきている部分もあるわけです。

 

 

 

 

悩む事柄が増えたのか

転勤になって悩むことが増えたような気がして、よく考えてみました。

 

「働いている時、わたし悩んでなかった?」

「今、仕事すれば悩まないのか?」

「転勤してきていなければ悩んでいない?」

 

 

そういうことでもないですよね。

おそらく状況が変われば、今とは違う悩みが出てくるわけで…

結局『悩みのない人』はいないんじゃないか、っと思います。

何かしら思ったり、悩んだりしていて。

 

悩むことが増えたのではなく、ただ悩む時間が増えただけ。 

 

 

 

出来ることに目を向ける

出来ないことばかりを気にしていると、自分が疲れてきてしまいます。

「自分って無価値」っと思うこともあったし、「なにしてるんだろう」っと思うこともありましたが。

 

悩んでいても進まないので、悩んだとしても最後は決めて、前に進もうっと思えるようになりました。

もちろんやれていないこともありますが、家に居ることでできることもたくさんあります。

 

自分にとって今は必要な時間なんだっと出来ることに力を注ごうと決めました。

時間だけはたくさんあるので、思いつくことはやってみようと。

 

転勤になり、専業主婦になった『私にできること』。

 

本当になにもしていませんか?

ご飯作っていませんか?

洗濯や掃除は?

 

 

 

旦那様「ありがとう」

毎日満員電車で出勤して、残業して、懸命に働いてる旦那には感謝

仕事がスムーズにいくためにできるサポートは何でもします。

 

 

日々のサポート。

旦那の仕事が忙しいので家のことは基本的にわたしです。

料理。掃除。整理整頓。足りないものの補充。

ザ、主婦。っといった感じ。 

これがあまり苦にならず。

その点は良かったなと思います。

 

夫婦関係が前より良好になった。

共働きで完全に家事を分担していた時。

旦那の分担箇所が掃除されていないと「掃除がしてない」っと思っていました。

「汚かったよ」なんて余計な一言を言っていたかもしれない…

元々もめることがあったわけではないですが、仕事で疲れている余裕のないときって、心無い一言も言いがちです。

 

引っ越して1か月たった頃。

旦那「この家さ、床がきれいだよね~前と違って髪の毛とかゴミが気にならない」

私 「昨日掃除したからね~(平日だったから)」

旦那「(はっ。)掃除してくれてたからきれいなんだね。ありがたや~。」

 

ささいなことですが、感謝の言葉をいただきました。

「家にいるんだから当たり前か。」

っと思うような人でなくて本当に良かったと本気で思います。

 

 

 

自分しか決められない。

自分の中で完全に答えが出たわけではないです。

状況が変われば、また悩むこともあるでしょうね。

でも『いま』思う、目指したい目標を決めて、『いま』できることをしていく。

時間のある今に感謝して、自分のしたい生活を目指したいと思います。

旦那のリフレッシュだけでなく、自分のリフレッシュ時間も大切に。

 

自分を大切に。

 

 

 

おまけ

友人や知り合いがいない。 

っという話を転勤の時にはよく聞きますが、

進学で地元を離れた一人としては、珍しくないことで。

ずっと生活圏を出ていなかった友人も就職を機に知らない土地へ引越し。

みんな住んでいるところはバラバラです。

 

友人と出かける方が楽しい場所も確かにあります。

旦那と出かけるのも楽しいですが、女子だからこその共感は違います。

 

だから余計に何年越しで旅行に行ったり、会えたりするととっても嬉しい。

異動することで友人の住む地域に近くなることも楽しみのひとつです。

 

 

 

【バーミキュラ料理④】夏野菜のラタトゥイユ

 

お題「こだわりレシピ」

 

 

バーミキュラを使い始めてまだまだレパートリーが少ないですが、野菜のおいしさが分かってきました。22cmという大きいサイズを貰っているので、2人にはちょっと多めに作れてしまいますが、リメイク料理をしてみたり、楽しみ方はあります。大は小を兼ねるので!

 

野菜ジュース等の便利なものでも、栄養はきちんと取れるのかもしれませんが、粗食できる顎を持っているのに流し込んでしまうなんて損している!っと私は思ってしまいます。

季節が変わると旬の野菜も変わるので、季節の変化を感じられるという意味でも野菜はいいなと思います。(お肉はいつの時期もありますからね)

野菜をたくさんとろう!っと意識しているからか、バーミキュラ料理も野菜メニューが続きます。

 

 

前回はこちら↓

nonofululu.hatenadiary.jp

 

 

今回は今旬を迎えている夏野菜を使って、ラタトゥイユを作ってみようと思います。

手に入った野菜を使っているのであくまで目安だと思ってください。

ではでは、お付き合いください(^^)/

 

 

材料

・トマト缶(400ml) 1つ

・ナス 2本

・パプリカ(赤・黄) 1つずつ

・玉ねぎ 1コ

・ズッキーニ(緑・黄) 2本

ローリエ 1枚

・にんにく 1かけ

・塩 少々

・オリーブオイル 大さじ4

 

他にもピーマンやセロリを入れても美味しいそうですね。

ズッキーニは緑もありましたが、黄色も売っていたので、彩もキレイになるし2種類とも買って使ってみました。

緑1本でも玉ねぎやほかの野菜を増やして調節可能です。

 

 

下準備

それぞれの野菜をカットしていきます。

ナス、ズッキーニ・・・1.5cm幅にカット。カットしたナスは水にさらしておきます。

パプリカ・・・一口大の大きさにカット。

玉ねぎ・・・1/8のくし形にカット。

 

 

 

調理スタート!!

まず、ナスを先に炒めます。

バーミキュラを熱し(中火2分)、温まったらオリーブオイルを大さじ2入れます。

両面、焼き色が着くぐらい焼いていきます。

 

f:id:nonofululu:20200624202618j:image

 

オリーブオイルを吸って色が変わってきていますね。

裏面も焼いていきます。

焼けたら、一度なにかに取り出します。

 

ナスを取り出した鍋に残りのオリーブオイル大さじ2を入れ、にんにくを入れます。

f:id:nonofululu:20200624202633j:image

 

 

にんにくの香りがしてきたら、ズッキーニ、パプリカ、玉ねぎ、塩を入れ炒めていきます。

 

f:id:nonofululu:20200624202649j:image

 

 

野菜に油がしみてきたら先ほどのナス、トマト缶、ローリエを入れて蓋をします。

 

f:id:nonofululu:20200624202658j:image

 

f:id:nonofululu:20200624202703j:image

 

弱火で20分待ちます。

その後、火を止めて10分ほど蒸らします。

 

 

 

完成!!!

f:id:nonofululu:20200624202716j:image

 

 

 

感想

なんだかミネストローネを作ったときのようにも見えますが、入っている野菜が違うので味は違う。

夏野菜は水気を多く含む野菜が多いので噛むとジュワっとした感じの触感。

 

f:id:nonofululu:20200624204700j:image

 

 

とろとろのナス、おいしい(*^^*)

チーズとパセリをかけて、また一味違う感じにしてみました。

 

塩分を控えているので、塩を少な目にいれていたらあんまりきいておらず…(今回入れたのは2つまみ)その部分はいまいち。今度はもう少し入れて、調節してみようと思います。

 

トマトもたくさんとれる時期になってきたので、缶詰ではないトマトを今度は入れてみたいです。

酸味が出て美味しそう…特にミニトマトを使うと酸味が強くなりそうですね。 

トマト大好きなんですよね( *´艸`)

 

たくさん出来たので冷蔵庫で冷やして、次の日も楽しみました♪