仲良きことは良きことかな。

転勤族夫婦〈現在1か所目:人生4か所目〉主婦のふるの”ゆる”記録

【名前のない家事】旦那のお仕事になるまで

お題「ささやかな幸せ」

 

旦那の在宅勤務日ですが、パソコン勝ち取りました!

のふるです(*'ω'*)

(単にパソコンの必要ない書類仕事をしていたからです)

 

 

お昼になり、一人の時なら残り物を集めて食べますが、在宅勤務ということもあり普通に料理しました。

今日のお昼ご飯は魚料理です。

 

魚を美味しくいただいたあと。

お腹いっぱいになった私はソファへ。

 

 

我が家は家事分担がやんわりと決まっているんですが、旦那の分担の一つに洗い物があります。

だいたいは一緒に食べたときに発動します。

そして平日の朝ごはんと、残業して疲れて帰ってきている時は、私にタッチ交代です。

 

それでも、普段料理して、ご飯食べた後に洗い物をしなくていいというのは幸せです(*^^*)

 

他にも名前のない家事がいろいろと…一部ご紹介します。

 

 

旦那の名前のない家事①食器などを元の位置に戻す

前の日の夜に使った食器や調理器具の片づけです。

これ地味にめんどくさいなと思っていた家事です"(-""-)"

料理の前に戻そうとすると時間が余分にかかるし、じゃあ乾いているのを確認しにいって乾いてるか見て、という時間を取るのもついつい忘れがち…。

そうすると結局料理の前にしまうことになり、料理のスタートが遅れます。

そのことを理解したうちの旦那。

私がすぐに調理にかかれるように、料理を始める時には旦那が横で食器をしまいます。

「ご飯を食べる」ということに関して、「作ってもらう」以外での協力し合えるポイントですかね。

自分のご飯を「美味しい」と食べてくれるのが嬉しいので、作ることを求めるより、違う部分での協力でいいと思っています。

 

 

旦那の名前のない家事②食器だし

料理をしている最中に「食器出してなかった!」っとなります。

…もしかしたらそんなことになってるのは私だけかもしれないですが。

家具の配置の関係で、食器棚は手の届くところにはありません。 

そんなとき、私に呼ばれる旦那。

「○○のお皿がほしい~」

「は~い」と持ってきてくれます。

 

 

旦那の名前のない家事③ご飯を炊いたあとの炊飯器の片づけ

お釜を洗うのは普通に洗い物ですが、炊飯器って後処理がいろいろありませんか?

二重蓋のところを外してみると、蓋の間や外せないところにも粘りのあるものが着いていたり。

これを放置しておくとあとで大変なことになるので、濡らしたキッチンタオル等でふき取ります。

 

 

どれもこれも、結婚した最初の頃には旦那も全然わかってなくて、してくれませんでした。

(一人暮らしをしていた流れで、トイレ掃除やお風呂掃除、洗濯は私よりも気づいてしようとしてくれていましたが)

生活を始めて、朝のご飯やお弁当でバタバタしている私を見て、

 

f:id:nonofululu:20200601085545j:image
旦那

できることある?

と聞かれたので「じゃぁ…」と一つずつ説明し、任せることにしました。

 

f:id:nonofululu:20200601085551j:image
のふる

これしてもらっていたら、スムーズに朝ごはんとりかかれてタイムロスがないなぁ

 

 

そこからです。

数えればきりのない「名前のない家事」ですが、めんどくささを知っているので自然と、私の口から感謝の気持ちが出ます。

 

そういう積み重ね、大切にしたいと思います(*^^*)